男の自信を取り戻すための対処法ガイド

HOME » 治療薬によるED対策 » ED治療薬の禁忌事項

ED治療薬の禁忌事項

ED治療薬には併用禁忌薬がある

ED治療薬のバイアグラ、レビトラ、シアリスには、『併用禁忌薬』があります。併用禁忌薬とは飲み合わせが悪い薬の事。万が一組み合わせて飲んでしまうと、医薬品が身体の中で相互に作用して重大な副作用を招いてしまう恐れがあるのです。最悪の場合は死に至ることも。ですから充分に気をつける必要があります。

バイアグラの併用禁忌

バイアグラの併用禁忌薬は、塩酸アミオダロン製剤と硝酸剤。これらの薬を服用している場合、併用すると過度に血圧を下げてしまう危険性が高いため、バイアグラを服用することはできません。なお、硝酸剤には飲み薬だけでなく、舌下錠、貼り薬、吸入薬、注射、塗り薬、スプレーなどもありますので、要注意です。

レビトラの併用禁忌

硝酸剤はバイアグラ同様、併用すると過度に血圧を下げてしまう危険性が高いため、レビトラを一緒に服用することはできません。
またレビトラは、抗ウイルス薬(HIV治療薬)や内服の抗真菌薬(水虫などのカビによる感染症の治療薬)も併用NG。万が一併用すると、レビトラ錠の血中濃度が上昇することがあるためです。
他にも、抗不整脈薬もレビトラとの併用禁忌薬です。これは併用することで心臓の動きに異常をきたす可能性があります。

シアリスの併用禁忌

シアリスの併用禁忌薬は、バイアグラやレビトラと同様、硝酸剤です。シアリスも硝酸剤と併用してしまうと、過度に血圧を下げる危険性が高いため、処方してもらうことはできません。

このように、ED治療薬によっても併用禁忌薬は変わりますし(レビトラに至っては水虫薬さえNGなのです!)、たくさんの併用禁忌に指定されている薬があります。なので、他人から譲り受けたり、インターネットの個人輸入代行を利用して購入するのは非常に危険。必ず専門医に相談して、処方してもらってください。病院へ行くときには飲んでいる薬の名前を控えておいたり、実際に持っていったりするのがより安心です。

病気によっても服用できない

薬を服用していなくても、下記のような状態の方はED治療薬を服用することができません。

  • バイアグラ錠、レビトラ錠、シアリス錠を服用してアレルギー(過敏症)を起こしたことのある方。
  • 心血管系障害などのために医師から性行為が不適当だと診断された方。
  • 重い肝障害のある方。
  • 低血圧の方(とくに最大血圧が90mmHg未満または最小血圧が50mmHg未満の方)や高血圧の方(最大血圧が170mmHg以上または最小血圧が100mmHg以上の方)
  • 脳血管に病気のある方(脳梗塞・脳出血)や心筋梗塞を起こした方。
  • 網膜色素変性症(進行性の夜盲、視野狭窄)と診断された方。
  • 先天的に不整脈がある方、治療による管理のされていない不整脈の方。
  • 血液透析が必要な腎障害のある方。
  • 不安定狭心症のある方、性行中に狭心症を起こしたことのある方。

これらの症状に思い当たることがある方は、必ず医師に確認し、判断を仰いでください。

また、腎臓の病気、肝臓の病気、赤血球の異常(鎌状赤血球性貧血)、白血病、多発性骨髄腫、血が止まりにくい病気、薬物アレルギー、胃・十二指腸潰瘍、遺伝性の目の病気、性器に関する病気または奇形のある方、他の勃起不全治療薬・勃起補助器具を使用している方や手術を受けた方も、医師に相談する必要があります。

アルコールの影響について

ED治療薬を飲んでいるときにお酒を飲むのは禁忌!というネット記事がたまにありますが、実はED治療薬服用時にお酒を飲むことには問題ありません。問題はその量です。

ほどよい量であれば、心と身体が落ち着くことにより、むしろED治療薬の効果発現を高めることも出来るかもしれません。しかし、ED治療薬を服用した上で大量の飲酒をするとお酒を飲まなかったときよりも血圧が多少低下することが報告されています。さらにその後性行為に臨むのであれば、心臓にも負担がかかって危険です。それに、飲みすぎると脳の機能が鈍くなり、せっかくのED治療薬の効果も薄まってしまいます。飲む場合は少量を心がけましょう。

ジェネリックを処方するクリニックへ潜入!
~安いED治療薬にはウラがある?~

今回の潜入調査では、ジェネリックと称して安すぎるED治療薬を処方するクリニックへ潜入しました。処方されるED治療薬は安全な正規品なのか、それとも…その実態に迫ります。

潜入レポートを読む