男の自信を取り戻すための対処法ガイド

HOME » 治療薬によるED対策 » ジェネリック薬の問題点

ジェネリック薬の問題点

インターネットや個人輸入で販売されているED治療薬

インターネットなどで販売されているED治療薬のなかには、非常に安い価格で販売されているものがあります。しかし、本来のED治療薬は、医師の処方によって販売されるべきものであるため、インターネットで処方・販売する違法性が問われています。

また、インターネットによる販売では偽造薬が横行するなどの問題があり、服用には大きなリスクが伴います。特に、海外からの個人輸入では、日本国内での販売が認められていない医薬品が含まれている可能性が高いため、安全性が懸念されます。

インド製ジェネリックについて

有効成分を0から研究して開発された医薬品を「先発医薬品」といいます。いわゆる新薬です。開発後20年~25年の間は特許により保護されるため、他の製薬会社は、同じ有効成分の医薬品を販売できません。

これに対し、特許の保護期間が切れた医薬品を「後発医薬品」といい、一般的にはジェネリックと呼ばれています。国内で流通しているジェネリックは、先発医薬品と同等の効果があると厚生労働省から認められているものです。ジェネリックは開発コストが押さえられるので、先発医薬品に比べると安価に販売されています。

しかし、厚生労働省が認めていないジェネリックも存在します。そもそも、レビトラ・シアリスといったバイアグラ以外の新しいED治療薬は、認可されているジェネリックはありません。

インターネット上の個人輸入サイトでよく目にする、インド製のジェネリックなどが挙げられます。中には、国際的に特許が切れていないにも関わらず、ジェネリックとして販売されているものがあります。インドでは、医薬品の成分特許が認められていないため、たとえ先発医薬品の特許が切れる前であっても合法的に製造・販売できるのです。しかし、これは法的な解釈において、本来のジェネリックとは異なります。

未認可ジェネリックは、ED治療のための成分が含まれていないばかりか、日本では使用を許可されていない成分が含まれているものもあります。

偽造品の健康被害と、偽造品の実態

大量に出回っているED治療薬の偽造品による健康被害が多数報告され、厚生労働省のホームページでも注意喚起されています。偽造薬は、もともと正規ルートで販売する目的で作られたものではありません。摘発されたED治療薬の偽造現場の例では、劣悪な衛生状態の工場やアパートの一角で作られていたり、色味を合わせるためにプリンター用インクなどを混ぜていたりと、あまりにずさんな実態も明らかになっています。色や形が酷似していても、成分や品質に関する保証は一切ありません。国内で、正規のED治療薬を販売している4社が合同調査を行ったところ、正規のルート以外で処方・販売されているED治療薬の約6割は偽造品だったという衝撃の事実が分かりました。

ただでさえ、医薬品の副作用を未然に防ぐことは困難だといわれています。そのため、正規ルートで入手した医薬品を適切に服用したにも関わらず、重大な副作用が起きて健康被害を被ってしまった場合に備えて、公的な救済措置が用意されています。これを「医薬品副作用被害救済制度」といい、治療費を負担してくれたり、年金の給付を受けたりできます。ただし、医薬品副作用被害救済制度が適用されるのは、医薬品を適切に服用したうえでの健康被害に限るのです。

日本で取り扱いのないインド製ジェネリックの輸入は合法ですが、服用はあくまで自己責任です。健康被害で苦しむことになっても、個人輸入で手に入れた医薬品による健康被害に救済制度は適用されないのです。

健康な勃起を求める為に使用したED治療薬も、偽造薬をつかまされて健康な体を害しては元も子もありません。ED治療薬は、たとえジェネリックであっても、ED治療薬は信頼できる医師に処方して貰うのが一番安全なのです。

ジェネリックを処方するクリニックへ潜入!
~安いED治療薬にはウラがある?~

今回の潜入調査では、ジェネリックと称して安すぎるED治療薬を処方するクリニックへ潜入しました。処方されるED治療薬は安全な正規品なのか、それとも…その実態に迫ります。

潜入レポートを読む